強迫性障害の治療法について

強迫性障害の治療法について

強迫性障害の場合、専門医(精神科など)によって診察を受け、治療を開始します。主な治療法は、『薬物療法』と『認知行動療法』です。

 

薬物療法では、抗うつ薬である「SSRI」を主に使用しています。SSRIはセロトニンに関した治療薬であり、強迫障害の症状を軽減させる目的があります。
強迫性障害はセロトニン不足が原因とされているため、SSRIが有効と言えます。
抗うつ薬というと副作用が気になりますが、SSRIは比較的副作用が出にくいタイプと言われています。ただし、アルコールなどと同時に摂取することはNGです。

 

一方、認知行動療法とは、心理学に基づいた治療法であり、精神疾患には欠かせない治療法です。担当の医師と一緒に治療を目指すことが目的であり、患者のペースに合わせて、治療を進めます。
抗うつ薬による薬物療法と併用し、強迫性障害の治療を行います。