強迫性障害は早期発見・早期治療を

強迫性障害は早期発見・早期治療を

強迫障害には、さまざまな症状があります。
「不潔恐怖・確認行為・加害不安・被害恐怖・保存強迫・不完全恐怖・縁起恐怖・数唱強迫・自殺強迫」などなど。さまざまなケースがあり、いずれにせよ、症状に思い当たる場合は、早めに専門医に相談するべきなのです。

 

強迫性障害は精神疾患のひとつなのですが、解決策はあります。治せない問題ではありません。放置していると、悪化していくだけですが、早めに専門医に相談し、治療を開始することによって、症状を落ち着かせることができます。

 

強迫性障害を発症した場合には、早期発見・早期治療が理想的なのです。
強迫性障害の専門は『精神科』であり、心療内科や神経科でも対応しています。しかし、心療内科は心の病の治療であり、強迫性障害は脳の機能に関係していることから、精神科の方が専門的と言えます。

 

また、薬物療法などで簡単に治る問題ではなく、治療には時間を要するものです。ですから、相性のいい医師を見つけるのが理想的です。本人と相性が良く、強迫性障害について専門である医師に相談してみましょう。