強迫性障害と「ドーパミン、セロトニン」の関係

強迫性障害と「ドーパミン、セロトニン」の関係

強迫性障害の根本的な原因は脳にあり、「ドーパミン」と「セロトニン」が不足しているためとされています。
ドーパミンとセロトニンは神経伝達物質であり、ドーパミンとセロトニンが不足することで神経伝達物質のバランスが乱れてしまうので、強迫性障害につながると考えられているのです。

 

つまり、ドーパミンとセロトニンは、精神疾患を持たない人、普通であるために必要な存在なのです。ただ、それが不足するなど、異変が起こるために、強迫性障害が引き起こされると考えられるのです。