強迫性障害と脳の働き

強迫性障害と脳の働き

強迫性障害の根本的な原因は、脳にあると言われています。脳の機能障害が、強迫性障害ということです。
ドーパミンやセロトニンが不足している状態、つまりは脳の神経伝達物質が乱れていることによって、強迫性障害が起こっているのです。

 

簡単に言えば、精神疾患を患っていない人の脳と機能に変化があるため、強迫性障害が起こるのです。

 

強迫性障害は、完璧主義者など性格によって起こりやすい、人生の転機に発症しやすい、と言われているのですが、根本的な原因は『脳』にあるのです。
強迫性障害以外の精神疾患においても、脳の機能や脳の神経伝達物質の乱れなどが原因とされています。脳の機能を整えていくことによって、強迫性障害の症状も落ち着くと考えられているため、病院などでは薬による治療も行われています。