遺伝によって強迫性障害が発症するのか?

遺伝によって強迫性障害が発症するのか?

Q:遺伝によって、強迫性障害が発症するのか?
A:一概には言えません。

 

精神疾患病の中には、家族や身内に同じ病気を抱えていることで、発症するケースもあると言われています。いわゆる、”遺伝”です。
しかし、強迫性障害の場合は、必ずしも遺伝が関係しているとは言えません。未だ研究段階であるため明確にはなっていませんが、遺伝によって強迫性障害が起こるとも、起こらないとも言えないのです。

 

ですから、強迫性障害を発症しているからといって、本人の子供が強迫性障害を引き起こす可能性が高いとも低いとも言えないのです。つまり、遺伝だけが原因ではないので、本人が家族を責めたり、本人が自分の責任と感じるのは、間違いなのです。

 

強迫性障害の発症率は2,3%と上がっており、誰にでも発症する可能性がある精神疾患ですので、遺伝だけを原因と決めつけないようにしましょう。