強迫性障害を発症しやすい人の特徴

強迫性障害を発症しやすい人の特徴

強迫性障害は、老若男女問わず発症する精神疾患なのですが、発症しやすいタイプがあります。
とくに児湯白性障害を発症しやすい人の特徴は、「こだわりが強い・几帳面・完璧主義者」です。
臨機応変に対応できず、「まぁなんとかなるかぁ」と軽い考え方を出来ない人が、強迫性障害を発症しやすいと言われています。
ちなみに、上記の特徴は、強迫性障害のみならず、他の精神疾患を引き起こしやすいタイプともされています。とは言っても、必ずしも、性格が強迫性障害の原因というわけではありません。

 

もちろん、「こだわりが強い・几帳面・完璧主義者」に該当しない方でも、強迫性障害を発症することがあります。ただ、強迫性障害が発症しやすいタイプと言われているのです。