人生の転機が強迫性障害のキッカケに?

人生の転機が強迫性障害のキッカケに?

長い人生の中には、転機や節目を迎えることがあります。そのときこそ、強迫性障害が起こりやすいと言われています。

 

たとえば・・・
○受験/進学
○就職活動、新社会人
○転職
○結婚/妊娠/出産、子育て

 

など、人生の中でよくある転機を迎えると、強迫性障害を発症することがあります。
とくに、強迫性障害は19〜20歳に多いと言われています。この発症年齢から言っても、生活が変わる時期と言えます。日常生活の変化がキッカケとなり、強迫性障害を引き起こすこともあるのです。
女性ならではのことですが、主婦になることによって、「きちんと掃除して、料理も作らないと!」と意気込むことが、”不完全恐怖”を引き起こす恐れもあります。

 

また、震災や事故など、心に残るトラウマのような出来事も、強迫性障害のキッカケになる可能性もあります。

 

このように、人生における「変化」が、強迫性障害につながることがあるのです。