強迫性障害の症状【加害不安】

強迫性障害の症状【加害不安】

加害不安とは、人や物に対して、何か危害を加えてしまうのではないか、という恐れを感じている症状です。強迫性障害の一種であり、傍から見ればバカらしい症状なのですが、本人も自覚しつつも、逃れられません。
たとえば、「車に乗ったら人を轢いてしまうのではないか」と考えてしまい、車に乗れなくなります。
また、突発的に人を殴ってしまうのではないか、などの不安も抱くことがあります。有り得ないとも言える想定を妄想してしまい、その妄想に心を奪われて恐怖感に襲われます。

 

実際に妄想している通りに危害を加えることはありません。にもかかわらず、その想像から逃れられないため、心配や不安が付きまとうのです。

 

加害不安も悪化してしまうと、外出がむずかしくなります。外出が困難になることで、日常生活に支障が出てしまうのです。