強迫性障害の症状【不潔恐怖】

強迫性障害の症状【不潔恐怖】

強迫性障害には様々な症状がありますが、中でもよくあるのが「不潔恐怖」という症状です。
文字通り、不潔であることに不安や心配を抱き、怖いと感じる状態です。それを行動に移すため、トイレを出てから手を念入りに洗うなどの行為が特徴的です。
トレイだけでなく、感染症やウイルス、細菌などにも敏感です。

 

たとえば、電車内の吊革に細菌やばい菌が付着していると考えると、触れなくなります。素手で触れてしまった場合は、念入りに手を洗浄することもあります。
不潔に関する不安を拭うため、予防や対策をしたり、洗浄する時間が長くなるため、不潔恐怖の症状が重くなると日常生活に支障がでます。
外出前後に手を洗う行為が習慣になり、念入りに洗浄するとなると、時間がかかりますよね?
したがって、日常生活への支障が問題視される症状なのです。

 

不潔恐怖は、いわゆる潔癖症のような症状ですので、思い当たる場合は、強迫性障害の疑いもあります。