強迫性障害の改善・治療方法

強迫性障害とは

強迫性障害とは、精神疾患のひとつです。
強迫性障害は、「もしも」の想定から、ありえない考えにまで発展することがあります。傍から見ると、強迫性障害と言われる考え方や行動が「バカバカしい」と感じるものであり、本人も自覚しているケースが多いです。
自覚していても、強迫性障害の症状から逃れられないのです。
たとえば、「こう言ったら相手はこう思うのか、影で言っているのではないか」という不安、外出時に「ガス栓閉めたか、鍵を閉めたか、電気を消したか」などの不安を感じるのが強迫性障害とされています。また、トイレを出てからなど、手を念入りに洗う行為も強迫性障害の特徴とも考えられています。

 

強迫性障害の症状は大きく分けると「強迫観念」「強迫行為」の2タイプです。

 

強迫観念は、自分にとってイヤなイメージが浮かぶなど、不安になる症状です。
たとえば、「世の中に感染症が広まっている」と思い込み、「感染症が発症する」と考え、外出が怖くなるなど。他には、「泥棒に入られたらどうしよう」「火災が起きたらどうしよう」「地震で家が壊れたらどうしよう」など。
つまり、根拠がなく「有り得ない」とも言えるような想像をしてしまう症状です。バカバカしい想像と本人も分かっているものの、その考えから逃れられないのです。

 

一方、強迫行為は強迫観念のような心配を打ち消すために行動する症状です。
たとえば、外出時に「ガスの元栓を閉めたかな?」と不安になった場合、何度も自宅に戻り、確認してしまう症状です。ガスの元栓をチェックして再度出発しても、次に「鍵を閉めたかな」「電気消してあるかな」「エアコン切ったかな」と不安が続き、すべて確認しないと気が済まない状態です。
この症状が悪化すると、外出するまでに時間がかかるので、日常生活を普通に送ることができなくなってしまいます。

 

腎臓に効く食べ物とサプリメント